タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【東京ご当地カップラーメン】日清「麺NIPPON 八王子たまねぎ醤油」実食レビュー

相場一花

グルメライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

気になる新作カップラーメンを紹介します。

八王子ラーメンは昭和34年に総菜屋が難しいと考えた店主がラーメン店をはじめるにあたり、北海道旅行で玉ねぎがスープ表面に浮いたラーメンをヒントに生み出したご当地ラーメンです。

ただ、玉ねぎを浮かしただけだと、辛味がきつく商品として難しいため、油で覆うことによって玉ねぎの辛味を抑える工夫をしています。

40年以上の年月が経ち、現在では八王子ラーメンMAPという八王子ラーメンを扱うお店が一目でわかる観光案内を発行するほど発展しました。

現在の八王子ラーメンの特徴は「醤油ベース」「表面を覆う油」「きざみ玉ねぎ」の3点。筆者も八王子ラーメンを食べたことがりますが、玉ねぎの独特な味わいがラーメンの旨みを増しておいしいんですよね。

今回は日清食品が販売している東京の八王子ラーメンを踏襲したカップラーメン「麺NIPPON 八王子たまねぎ醤油」を実食しました。

日清の麺NIPPONは日本のご当地ラーメンをカップ麺にしているシリーズです。

八王子ラーメンで街おこしを行っている八麺会のマスコットキャラクターも描かれていました。

1食(112g)あたり426kcal。食塩相当量は6.6g(めん・かやく1.9g、スープ4.7g)でした。

麺はノンフライ麺。調理時間は熱湯で4分です。

液体スープ・かやく・後入れかやく・のりが入っていました。

できあがりはこちら。玉ねぎと鶏ガラスープの香りが漂ってきます。

まずはスープから。醤油味の鶏ガラスープはさっぱりしていて、後味すっきり系。表面に浮いたラードがさっぱりしていながら、スープにコクを生み出しています。

八王子ラーメンの中心ともいえるきざみ玉ねぎは辛味は一切なく、スープ表面に浮いたラードが玉ねぎをやさしく包み込み、甘みとシャキシャキした食感を強調させています。玉ねぎの味と旨味がスープ全体に広がることによって、鶏ガラだけではない野菜の旨みがスープに生まれています。

ツルツルしたノンフライ麺はコシがあり、鶏ガラスープとの相性は抜群ですね。細麺はスープとの絡みがいいため、麺がよくなじんでいます。

薄目のチャーシューはおまけ程度といったところ。玉ねぎがメインのラーメンなのであまり気になりませんでした。

麺とスープがあっさりしていながら玉ねぎが旨味を増幅している形になっていてクオリティの高い逸品でした

ごちそうさまでした。

<商品情報>
商品名:日清麺NIPPON 八王子たまねぎ醤油ラーメン
参考価格:253円(税込)
詳細:公式HP

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想