タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ご当地カップ麺】凄麺「函館塩ラーメン」実食レビュー

相場一花

グルメライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

気になるカップラーメンを紹介します。

北海道のご当地ラーメンといえば、札幌味噌ラーメンを思い浮かべる人が多いともいます。それに負けないくらい有名なのが、函館塩ラーメンです。

透明な塩スープにちぢれの少ない麺が特徴の塩ラーメンは歴史も古く、発祥は明治ではないかという説もあります。

そんな函館塩ラーメンをニュータッチは凄麺シリーズで再現しています。どんな味なのか実食してみました。

こちらが凄麺「函館塩ラーメン」266円(税込)です。ツルツルの麺にポーク背脂と昆布やホタテを使用したバランスのいいスープが特徴です。

すっきりスープでありながら濃厚なのがいいですね。

1食(108g)あたり362kcal。食塩相当量7.4g(めん・かやく0.8g、スープ6.6g)でした。

原材料を見るとスープにはポークエキスやチキンエキスが使われていますね。

後入れ液体スープと2種類のかやくが入っています。かやくのうち1種類はです。

凄麺特有のノンフライ麺。調理時間は熱湯で4分です。

完成品がこちら。透き通った琥珀スープが食欲をそそります

まずはスープから一口。濃厚なポークとチキンの出汁がしっかり効いていて、インスタントぽさが全くありませんカップラーメン塩味は化学調味料の味が強くなりがちですが、このスープはラーメン屋に匹敵するくらい

以前、塩元帥のインスタントラーメンを食べたことありますが、それに匹敵するくらいクオリティの高いスープでした。

ツルっとした麺はノンフライ独特のコシがあり、濃厚な塩スープに負けていません。

麩は東北や北海道ではラーメンの具材としてわりとポピュラーな具材。今回の濃厚塩スープをしっかり吸い込んでいて良い味出してます。下手したら麺よりも麩の方がスープに合っているかもしれません。

スープ・麺・具材とどれもバランスが良く、ハイレベルなカップラーメンでした。

ごちそうさまでした。

<商品詳細>

商品名:函館塩ラーメン

参考価格:266円(税込)

公式ホームページ

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。