タイトル画像

How to

  • いいね

イヤなにおいを取り除く掃除術〜重曹編〜

aidog

動画クリエーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

毎日洗っているのに臭うバスタオル。

玄関に置いているマット。

薄汚れてきた、ソファーやチェアー。

今回は気になるにおいを取り除くお掃除術をお伝えします。

その❶ バスタオルのにおい

毎日洗っているのになんだか臭う。そう感じたら重曹を使いましょう!

重曹には、汗や皮脂汚れを取り除くチカラがあります。

お湯(ぬるま湯)の中に重曹を入れます。

お湯2リットルに対して、重曹大さじ4

軽い汚れなら、小さじ4でOKです。

重曹をよく溶かし、重曹水を作ります。

においが気になるバスタオルを漬け込みます。

つけておくことで、皮脂汚れが浮いてきます。

30分から2時間ほどつけ置き。その後、いつものように洗濯機を回すだけです。

衣類のにおい対策でおすすめなのが、枕やベッドシーツのカバー。

今から暑くなる季節。汗や皮脂がつき、においが発生しやすくなります。

いつもの洗濯の前に重曹水につけておくだけ。

手軽で簡単なにおい対策、ぜひやってみてくださいね♪

その❷ 洗えない素材の玄関マットのにおい

玄関マットは、足裏汚れがつきやすく においがつきやすい場所です。

中には洗えない素材のマットもありますよね。

そんな時には、重曹が使えるんです。

直接マットに重曹を振りかけます。

その後、重曹がマットの繊維の奥まで行き渡るように、ブラシで送り込みます。

しばらく時間を置き、重曹ににおいをしっかり吸わせます。

掃除機で重曹を吸い込みます。

縦、横と動かし、動きもゆっくりするとしっかり吸引してくれます。

あとは、表面を固く絞った布でふき、最後に乾拭きで仕上げます。

その③ ソファーやチェアーの汚れやにおい(合成皮革素材のもの)

ソファーがなんだか薄汚れてきたな。

そう感じた時には、汚れもにおいもとってくれる重曹水で拭き掃除をしましょう。

今回ご紹介するのは、合成皮革素材のデスクチェアです。

まずは、掃除機のノズルを使ってゴミを吸い取ります。

その次に、重曹水につけて固くしぼった布で拭きます。

仕上げに水拭きをし、最後に乾拭きをして完了です。

実際拭いてみると、思ったより汚れてました。拭いた布がうっすら黒ずんでました。

今回は合成皮革の素材のものを拭き掃除しています。

お持ちのものが革素材であれば、こちらの方法は向いていません。専用のクリーナーで掃除されることをおすすめします。

最後に…

今回はにおい対策に重曹を活用したお掃除をご紹介しました。

重曹は、お財布にも優しく、地球にも優しい洗剤。

重曹には、いやなニオイを吸着するチカラと、汗・皮脂汚れを浮かせてくれるチカラを持っています。

ぜひ活用してみてくださいね♪

今回の記事は、動画でもお伝えしています。

良かったら見てくださいね♪

シェア

いいね

コンテンツへの感想