タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

400ccクラスナンバー1人気のニンジャ400はわかりやすい魅力が最高

相京雅行

下町のバイクパーツメーカー/ディレクター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

400ccクラス不動の1番人気と言えば教習車両でも使われるCB400SFでしたが排気ガス規制対応などで販売価格がワンランク上の排気量のクラスよりも高くなってしまいました。

色々なバイクに乗った後にCB400SFに乗っても「やっぱりCBは最高だな」と感じさせる名車ではありますが、さすがに大型二輪免許の取得が容易になった現代では、じゃあ大型バイク買うか・・・と思われてしまっても仕方がありません。

そんな中で販売台数を伸ばしたのがニンジャ400です。まず価格面に関しては約73万円。ホンダのフルカウルスポーツが84万円、スズキのビッグスクーター、バーグマン400が85万円と他の400ccクラスに比べて破格と言えるお値段です。

このビックリプライスを実現しているのはベース部分を兄弟車両のニンジャ250と共用としているからで、排気量が大きくなってパワーが上がっている分、タイヤなどのサイズなどを調整しているからなのです。

250ccベースだからスペック的にはライバルに負けているのか?と問われれば、そんなことはありまなくエンジンの出力はクラストップレベルですし、車体は軽量なので軽快に走ることができます。

ハンドル形状はフルカウルスポーツバイクらしくセパレートハンドルが採用されているのですが、トップブリッジ上にマウントされているためポジションはアップライト。

つまりリターンライダーや初心者ライダーでもパワーがあり、軽くてポジションが楽なので扱いやすいのです。そのうえお値段もお買い得となれば購入意欲が湧いてくるのも必然というもの。

動画ではそんなニンジャ400の魅力を試乗しながら語っています。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想