タイトル画像

How to

  • いいね

【セリア】1000円以下で簡単に作れる「段ボールストッカー」

赤工友里

整理収納アドバイザー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コロナ禍で買い物の仕方も変わり、今まではお店へ足を運んでいた方もネットショッピングを利用する機会が増えたのではないでしょうか。そこで増えるのが商品が入っている大小さまざまなサイズの段ボール!
地域によっては1か月に1度しか回収のないところもあり、立てかけてもすぐに倒れてきたり、置き場所に困ることはありませんか。

そこで今回はコンパクトに収納出来て、リーズナブルで簡単に作れる「段ボールストッカー」についてご紹介していきます。

まずセリアのワイヤーラティス(ワイド11×14マス)を3枚、(5×14マス)を2枚をご用意してください。
底と取っ手部分へ(5×14マス)2枚を使用し、段ボールを抑える部分へ(ワイド11×14マス)3枚使用します

難しい工程や工具なども使わず、今回はDIYなどが苦手な方でも作れるよう「結束バンドのみ」で留めていくのでとても簡単なんです!
今回使用した結束バンドは長さ約100ミリの商品です。

上から見た画像のように真ん中に仕切りを作れば、大小分けて収納も可能なので紐で縛るときもスッキリまとめることができます。

荷物を出すとき、ダンボールを捨てる時に必要な「紐・ガムテープ・ハサミ・マジック」などは、付属のメッシュポケットやメッシュラックを使えば好きなところへ引っかけて一緒に収納することができるのでとても便利です。

同じくセリアのストッパー付きキャスターを四つ角へ付ければ使いたい場所へ移動が可能になります。ストッパー付きのキャスターだと収納したい場所で固定することもできるため使いやすさの幅が広がってオススメです!

後ろの部分を開けておけばサイズを選ばず、大きい段ボールもスッキリと収納できるのでどんなサイズでも対応可能です!!コンパクトなため納戸や玄関、部屋の隙間へそっと置いておけるので次のゴミ出しまでダンボールで溢れるなんてことがなくなります。
1000円以下で簡単に作れるので、既製品の物よりだいぶリーズナブルなところも嬉しいポイントです。


もっと詳しく作り方を知りたい方はYouTube「かぞく収納CHANNEL」でご紹介しておりますので、是非見ながらトライしてみてください!

シェア

いいね

コンテンツへの感想