タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【長野県軽井沢町】森で冬眠する動物のラテアート。「ヤマネ」と「ツキノワグマ」期間限定で登場

akari

フリーエディター(軽井沢町・御代田町)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

軽井沢の森に暮らし、冬眠する野生動物をモチーフにしたラテアートを見つけました。

こちらは、軽井沢星野エリア「ケラ池スケートリンク」に隣接する「イカルカフェ」のデザイン。

この冬は「ヤマネ」と「ツキノワグマ」の2種類が登場。ココアパウダーを用いた冬だけの期間限定カフェラテです。

軽井沢の森で冬眠する動物のカフェラテ。ヤマネ(左)とツキノワグマ(右)
軽井沢の森で冬眠する動物のカフェラテ。ヤマネ(左)とツキノワグマ(右)

「ヤマネ」は日本の固有種で天然記念物。丸まって冬眠する様子からマリネズミ、コオリネズミの俗称もあるようです。手のひらサイズの小ささと、背中に入る太い1本の縦縞がチャームポイントです。

浅間山麓の「ツキノワグマ」も冬はしっかり巣篭もり。そして冬は出産の時期。ツキノワグマは冬眠中に出産して赤ちゃんクマを育てるんですね。知らなかったー。

ラテアートに登場した「ツキノワグマ」は、赤ちゃんクマを抱っこする母さんクマをデザインしたんですね。

カフェアートから野生動物の生態を学べるなんて嬉しい発見でした。

「イカルカフェ」があるのは軽井沢の森のいきもの案内人といわれる「ピッキオ」内。軽井沢星野エリア、軽井沢野鳥の森の入り口手前の階段を上って向かいます。

森や水辺と一体になった開放的な空間で、冬季は凍った池「ケラ池スケートリンク」を眺めながらカフェタイムが楽しめます。

スケートリンクを利用している場合は、氷上のベンチにドリンクをテイクアウトすることもできます。

「ケラ池スケートリンク」体験レポートはこちら

ちなみに、カフェの名前になっている「イカル」とは「コーヒー1杯プリーズ♪」と鳴く鳥のこと。

注文時に真似をして「コーヒー1杯プリーズ!」とスタッフの方に言ってみてください。ちょっぴり楽しいことが起こりますよ。

イカルカフェ
(軽井沢星野エリア「ピッキオ」内)
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
TEL 0267-45-7777
営業時間:9:30~17:00
*9/1~4/28は9:30~16:00
*イカルカフェのラストオーダーは閉館の30分前
冬期休業:1/18~1/20

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想