タイトル画像

専門マスター

  • いいね

スライスはすぐに治せる 意識するポイントはこの1点のみ

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

アマチュアゴルファーにとって1番の悩みが「スライス」だ。

今回はそのスライスを誰でも克服できる方法を紹介したい。

スライスの原因は右サイドの空間不足

スライスはクラブがアウトサイドから降りてくるために起こる現象である。

ではなぜ「クラブがアウトサイドから降りてくるのか?」

答えは簡単だ。テイクバックで右サイドに十分な空間が確保されていないからだ。

右サイドに十分な空間が確保されることで、クラブは体に近いところから降りてきて、結果的にボールに対してインサイドからクラブを当てる事ができる。

多くのアマチュアゴルファーの場合、テイクバックで右サイドに懐が確保できておらず、この時点でボールがスライスすることが決定してしまっているのだ。

参考画像:YouTube「AKI GOLF」より引用
参考画像:YouTube「AKI GOLF」より引用

右サイドに空間を作るためには?

テイクバックで右サイドにクラブが降りてくるための十分な空間を作るためにはどうすれば良いかを説明する。

テイクバックでは右肩を水平に後ろ方向へ引いてしまえば良いのだ。

こうすることで右腰も連動して後ろ方向へ回す事ができ、結果として右サイドに懐が生まれる。

参考画像:YouTube「AKI GOLF」より引用
参考画像:YouTube「AKI GOLF」より引用

この際に気をつけて欲しいのが、右肩はあくまで水平に引くということだ。

アドレス時に前傾姿勢をとっているため、実際には短いクラブでは縦に、長いクラブでは斜めに引いているように見えるが、意識としては全クラブ水平に引くイメージで良い。アドレス時の前傾角度によって、それぞれのクラブへの対応は完了する。

こうすることで、それぞれのクラブでの適切なスイングプレーンが「アドレスの前傾角」のみで決定されるようになり、プレイヤーは全てのクラブを同じイメージでスイングできるようになる。

まとめ

テイクバックで右サイドに懐さえ作ってしまえば、スライスは撲滅することができる。

本記事内に引用している動画ではさらに詳しく今回の話を解説しているので、そちらも合わせて参考にして欲しい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想