タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】つま先上がりの打ち方 注意すべきは2点

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

本記事では「つま先上がり」の打ち方を紹介する。

1番手上のクラブを持つ

つま先上がりだけに限らず、傾斜地でのショットでは「安定感」が大切になるため、1番手上げたクラブを持つことをオススメする。

1つ上のクラブで強振せず、ミートすることに徹することが傾斜地では大切だ。

グリップを短く持つ

つま先上がりではグリップを短く持つことも大切だ。フラットな場所より単純に球が上にあるためである。

つま先上がりの傾斜で普段通りの長さでグリップするとダフってしまう。素振りを何度かしてダフらなくなるまでグリップを短く持つべきだ。

アウトサイドインで打つ

つま先上がりの傾斜では自然とクラブをアップライトに構えるため球が捕まりやすい。

普段インサイドアウトでドローを打っている人は意識的にカット軌道で打つことをオススメする。こうすることで普段通りのドローボールか真っ直ぐに近い球を打つ事ができる。

フェードやスライスが持ち球の人はそのままのスイングでも構わないが、普段より球が捕まることは念頭に狙いを定めたい。

払い打ちのイメージで打つ

つま先上がりでダウンブローに打つことはオススメしない。つま先上がりでは、スイングはより水平なイメージで振る方が傾斜なりに振る事ができミートしやすい。

ダウンブローでもなくアッパーブローでもなく、レベルブローのイメージで振ることをオススメする。

まとめ

つま先上がりの傾斜地では、以上の4点を抑えると上手くショットする事ができる。

以下の動画ではラウンドで今回の打ち方を実践している。こちらも合わせて参考にしてほしい。

※引用動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想