タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】知れば必ず打てる グリーン周りの左足下がり攻略

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回の記事では上記の動画内にある「左足下がりのアプローチの打ち方」について解説する。

グリーン周りの左足下がりの傾斜で意識すべきことは以下の3点である。

  1. 傾斜に沿って立つ
  2. フェースをあらかじめ開いておく
  3. 右足を引いて構える

1.傾斜に沿って立つ

左足下がりのライでは必ず傾斜に沿って左足体重で構えるべきだ。

傾斜に逆らって立つと、球を打つときにすくい上げるように打ってしまうため、ダフりやすい。

あらかじめ左足体重にすることで、傾斜に沿ってスイングする事ができる。

2.フェースをあらかじめ開いておく

1の通り傾斜に沿って左足体重で構えると、アドレスした時点でロフトが通常よりも立ってしまう。

この状態で打つとランが多く出て、球が止まらず奥まで転がってしまう。

ロフトが立った分あらかじめフェースを開いておくことで、これを防ぐ事ができる。

3.右足を引いて構える

左足下がりの傾斜ではクラブが鋭角(カット)に下り過ぎる事がある。

その結果、ダフったり球が強く出過ぎたりしてしまう。

これを防ぐために右足を引いて構えることをお勧めする。

こうすることで右サイドにクラブが降りてくるための十分なスペースを確保できる。

まとめ

左足下がりは上記の3点を抑えれば簡単に攻略する事ができる。

参考動画で実際の打ち方を確認して試してみてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想