タイトル画像

専門マスター

  • いいね

レッスンプロが教える「左足下がりの打ち方」

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

本記事では筆者が先日レッスンプロから習った「左足下がりの打ち方」を紹介する。

意識するべきポイントは以下の3つだ。

  1. ダウンブローに打つ
  2. フォローを低く出す
  3. 上半身が起き上がらない

1.ダウンブローに打つ

左足下がりの傾斜では、傾斜に沿ってダウンブローなイメージを持つことが大切だそうだ。

反対に、球を上げようとアッパーに打ってしまうとダフりやすい。

傾斜沿いに上からクラブを入れるイメージを持つとダウンブローに打ちやすい。

2.フォローを低く出す

左足下がりの傾斜では、フォローを高く出してはいけないそうだ。

こちらも傾斜に沿ってフォローを低く出すようなイメージを持つと、1で挙げたダウンブロースイングにつながってくる。

またスイング自体のバランスも取りやすいので、フォローを低く出すイメージは左足下がりとの相性が良い。

3.上半身が起き上がらない

左足下がりでは、上半身が起き上がらないことも大切だそう。

上半身が起き上がってしまうと、1や2のポイントが意識できていても、どうしてもクラブが下から入りやすくなってしまう。

逆に言うと、上半身さえ起き上がらなければ、クラブを上手く上から入れることができる。

ここは体の使い方として最も注意すべきポイントだ。

まとめ

左足下がりの傾斜では、とにかく傾斜に沿って上からクラブを入れることが大切だ。

今回紹介した3つのポイントを意識して攻略してほしい。

以下の動画では、プロが実際に左足下がりのレッスンを行っている。

こちらも合わせて参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想