タイトル画像

専門マスター

  • いいね

レッスンプロが教える「左足上がりの打ち方」

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

先日レッスンプロに「左足上がりの打ち方」をレッスンしていただいた。

本記事ではその内容を紹介したい。

1.傾斜通りにアッパー気味に振る

左足上がりの傾斜では、傾斜通りにややアッパー気味に振る方が上手く球を打ちやすい。

傾斜に沿ってやや右足体重をイメージすると、アッパー軌道になりやすくオススメだ。

2.上体が突っ込まないように意識する

左足上がりの傾斜では、上体が飛球線方向に突っ込まないことを意識するべきだ。

上体が突っ込むと、傾斜の影響で体が止まり球を左に引っかけやすくなる。

アドレスで体が止まりにくくなるように「オープンスタンス」で構えることがオススメだ。

まとめ

左足上がりは上記の2点さえ抑えれば簡単だ。ぜひ次回のラウンドで意識してほしい。

下記の動画では左足上がりの打ち方の実際のレッスンの模様をご覧いただける。

こちらも合わせて視聴してほしい。

参考画像:YouTube「AKI GOLF」より引用

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想