タイトル画像

専門マスター

  • いいね

レッスンプロが教える「Par3の正しい攻略法」

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

本記事では、筆者が先日レッスンプロから教わった「ショートホールの正しい攻め方」を紹介する。

Par3では完璧を求めない

Par3のティーショットで最も大切なことが「完璧を求め過ぎない」ということだそうだ。

もちろんPar3のティーショットでは、グリーンにワンオンすることが最も望ましい。

しかし完璧を求め過ぎようとして、「バンカーはNG、池もNG、奥もNG、ショートサイドもNG」といった具合にNGを増やし過ぎると、逃げ場所がなくなり大きなプレッシャーとなってしまう。

例えばバンカーが上手な人であれば、「最悪あのバンカーは入ってもOK」と考える方が、ティーショットでプレッシャーがかからなくなり、ショット自体も良い結果が望まれやすい。

Par3のティーショットでは最低限の逃げ場所を用意しておくことが大切かもしれない。

以下の動画では実際のラウンドレッスンの様子を見ることができる。

こちらの動画も合わせて参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想