タイトル画像

専門マスター

  • いいね

3パットが無くなる賢いパターの攻め方 〜ゴルフスコアアップ講座〜

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ゴルフラウンドで3パットを撲滅できるパターの攻め方を紹介する。

まずグリーンにおいては「下り」よりも「上り」のパットの方が確実に入る確率が上がる

理由としては以下のような点が挙げられる。

  • 下りより上りの方が強く打つことができる
  • 上りより下りの方がの方が同じラインでも切れやすい
  • 下りでは入らなかった時により長い距離が残りメンタル面で不安が残る

他にも上りが優位となる理由はいくつかあるが、大きく挙げるとすればこの3つだろう。

ゆえにグリーン上ではいかに上りのパットを残すかが重要になる。

ファーストパットの考え方

カップに入れにいく場合

ではまずファーストパットを打つ際に何を考えるべきなのか。

考え方としては、十分に1パットで沈められる距離であれば、カップを狙っていけば良い。

この時意識してほしいのが、いわゆる「プロライン」で打つということだ。

「プロライン」とはカップを外れた際に、実際のラインよりも大きく読んで打つことを指す。
反対にラインを少なく読んで打つことを「アマライン」と呼ぶ。

プロラインで打てば、タッチの大きさがピッタリだった時に上から転げ落ちてカップに入ることがあるため、カップインする確率が大きく上がる。

ショートパットの場合は強めに打ってラインを消しても良いが、一定以上の距離がある時はプロラインでタッチを合わせて打つということを意識してほしい。

2パットで必ず入れる場合

ファーストパットの距離が長く、1パットで沈めることが極めて難しそうな場合は、反対に「アマライン」で打つことをオススメする。

そうすることで必ず上りのラインが残り、セカンドパットを沈められる確率が上がる。

反対に長い距離をプロラインで打つと、確かに1パットで入る確率自体は上がるが、セカンドパットで下りのパットが残る確率も上がってしまう。

長い距離から必ず2パットを狙う時は、あえてファーストパットでカップを外すというのもまた一つの技術なのだ。

ファーストパットではプロライン・アマラインどちらで打つかが大切
ファーストパットではプロライン・アマラインどちらで打つかが大切

今回紹介したパターの攻め方が理解できれば、読者のみなさんのパット数は間違いなく激減するだろう。

以下の動画では私の師事するレッスンプロが、ラウンドレッスンにて今回の考え方を説明してくれている。

こちらの動画も合わせて視聴すると、より本記事の内容が理解できる。ぜひこちらも見て参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想