タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ドローボールを打つ時に注意するべきこと

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ドローボールを打つ時に気を付けるべきことを紹介する。

  1. スタンスで右を向く
  2. インパクトで上半身が開かない
  3. 左に引っ張ろうとしない

1.スタンスで右を向く

ドローボールは左に曲がっていく球だ。したがってアドレスではしっかり右を向かなければならない。

アドレスで左を向いていると、左から左に曲がるボールになり、左へのOBなどのミスにつながりやすい。

また上記のような左へのミスが続くと、球を逃がそうとする癖が付いてしまい、スイングがバラバラになってしまう。

2.インパクトで上半身が開かない

ドローを打つときは、インパクトで上半身が開いてはいけない。

上半身が開くと、それに伴ってフェース面も開いてしまい、球が捕まらなくなってしまう。

右から回して攻めるドローボールでは最も注意したい点だ。

3.左に引っ張ろうとしない

ドローボールは、「インサイドアウトの軌道+適度なフェースターン」で打つべきである。

これ以外に、クラブを左に引っ張ろうとすると、出玉から球が左に出てしまいチーピンの原因になる。

正しいドローボールの打ち方としては、1で右にアドレスを取り、その向いた方向通りにクラブを振り抜くということが望ましい。

まとめ

ドローボールは飛距離が出て、球の強さもあり習得すれば大きな武器となる球だ。

上記の3点を意識すればその精度はさらに大きく向上するだろう。

以下の動画では、私の師事するレッスンプロが、ラウンドレッスンにて本記事の内容をさらに詳しく解説してくれている。

こちらも合わせて視聴すると、正しいドローボールの打ち方がより理解できるのではないだろうか。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想