タイトル画像

専門マスター

  • いいね

グリーン周りでのアプローチの正しいボール位置

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

グリーン周りでアプローチする際の正しいボール位置を紹介する。

グリーン周りのアプローチでは体を回しやすくするために「オープンスタンス」で構えることが一般的だ。

この時に注意してほしいのが、オープンスタンスで構えた時はボールを右足のかかと前に置くということだ。

そのボール位置のままスタンスをスクエアに戻すと、ボール位置はちょうど真ん中に戻ってくる。

すなわちオープンスタンスで構えた時の正しい真ん中のボール位置が右足かかと前となるのだ。

これがアプローチの正しいボール位置(右足かかと前)
これがアプローチの正しいボール位置(右足かかと前)

これよりも球を転がしたい時はさらに右側に球をセットしても良い。

まずは基本の位置としてサンドウェッジで1:1で転がるこのポジションを理解してほしい。

以下の動画では実際にこのボール位置でのアプローチを実践している。

正面から撮影していて、正しいボール位置が分かりやすいのでぜひ動画でも確認してほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想