タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ドローとフェードを打ち分けるための方法を紹介します

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ドライバーでドローとフェードを打つためのセットアップの紹介をする。

ドロー

ドローを打つ場合はクローズスタンスでヘッドを離して構えることをオススメする。

まずクローズスタンスにすることで、体の開きを抑え、クラブがインサイドから入りやすくなる。

そしてヘッドを離して構えることで、適切なフェースターンが起こりやすくなるのだ。

ドローボールはフェース面の向いた角度に対して、クラブ軌道がインサイドアウト方向に働いた場合に打てる球筋だ。

この2点を意識するだけで、ドローは格段に打ちやすくなるだろう。

ドローはクローズスタンスでヘッドを離して構える
ドローはクローズスタンスでヘッドを離して構える

フェード

フェードを打つ場合はオープンスタンスでヘッドを近づけて構えることをオススメする。

まずオープンスタンスにすることで、体の回転が止まることを防止し、クラブが緩やかにアウトサイドから入りやすくなる。

そしてヘッドを離して構えることで、過度なフェースターンが起こることを防止する。

フェードボールはフェース面の向いた角度に対して、クラブ軌道がアウトサイドイン方向に働いた場合に打てる球筋だ。

この2点を意識するだけで、フェードは格段に打ちやすくなるだろう。

フェードはオープンスタンスでヘッドを近づけて構える
フェードはオープンスタンスでヘッドを近づけて構える

まとめ

ドローとフェードを打ち分けるためには上記の2点(スタンス・ヘッドの構え方)の違いを理解しておくべきだ。

下記の動画では本記事の内容をさらに詳しく解説している。

今回の方法でドローとフェードを映像で打ち分けているので、こちらも合わせて見て参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想