タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ドライバーで飛距離を出すために大切なこと

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

筆者も出演したUUUMGOLFの飛距離アップレッスンを紹介する。

ドラコンプロの安楽拓也さんは、「ドライバーで飛距離を出すためには右足の粘りが大切だ」と話す。

右足が起き上がるのが早いと、下半身のパワーをボールに伝えずらず、大きなパワーロスとなってしまう。

これを防ぐためには「右足のベタ足」を意識すると良いそうだ。

右足の起き上がりが早い人はベタ足のイメージで。(画像提供:UUUM GOLF)
右足の起き上がりが早い人はベタ足のイメージで。(画像提供:UUUM GOLF)

筆者もゴルフを始めて最初の2年間は、この右足のベタ足を最も意識していた。

その結果、現在では意識せずともインパクトまで右足が粘るようになり、172cm・56kgという細身の体形ながら、この動画でトラックマンによる計測で312ydの飛距離を計測している。

右足は完全に地面に付いている必要はない。前に出ないように粘ることが大切。(画像提供:UUUM GOLF)
右足は完全に地面に付いている必要はない。前に出ないように粘ることが大切。(画像提供:UUUM GOLF)

そしてインパクトまで粘った右足は、フォローでクラブが前に出る遠心力につられて回転するのが理想だ。

粘った右足はインパクト以降に一気に開放する。(画像提供:UUUM GOLF)
粘った右足はインパクト以降に一気に開放する。(画像提供:UUUM GOLF)

この右足の使い方ができれば、飛距離を大きく伸ばすことができる。

以下の動画の筆者の実際のスイングと、安楽プロのレッスンを参考にしてぜひ飛距離アップにつなげてほしい。

※参考動画(YouTube:UUUMGOLF)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想