タイトル画像

専門マスター

  • いいね

スライスを直したければ、右を向いて構えるべし!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のラウンドレッスン動画より、ゴルフでの正しいアドレスの取り方を紹介する。

球が曲がっている方向へ向くのが正解

スライスを直したい場合は右へ、フックを直したい場合は左へ、それぞれアドレス時に向いておくのが正解だ。

すなわちアドレスの際に、球が曲がっている方向にもともと向いておくのだ。

理由は後ほど説明するが、多くのアマチュアゴルファーは反対のことをしていることが多い。これでは球に余計にサイドスピンがかかって曲がってしまう。

フェース面を同じ方向に向けておいた場合
左を向いて構えるほど、クラブは外側から入ってきてアウトサイドイン軌道になりやすい。
右を向いて構えるほど、クラブは内側から入ってきてインサイドアウト軌道になりやすい。

この法則を理解していない限り、ゴルフで球筋を操作することはできない。

ゴルフで球筋を決定するのは「FACE TO PATH」フェース面に対してのクラブ軌道で決まる。

スライスをするからといって、体ばかり左に向けているのでは、スライス回転が余計にかかってしまうのはこのためである。

まとめ

ゴルフはアドレスを作るまでが勝負とよく言われる。

本記事と動画を参考に、アドレスと球筋の理解を深めてほしい。

<参考動画>スライスが止まらなくなった原因は構え方にあった!?ミッドアマ県予選練習ラウンド【ラウンドレッスン】【AKI GOLF/アキゴルフ】

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想