タイトル画像

専門マスター

  • いいね

アプローチの距離感が良くなる方法を紹介します

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「アプローチの距離感を合わせやすい打ち方」を紹介する。

距離感はフォローの大きさで作る

「アプローチの距離感はバックスイングの大きさではなく、フォローの大きさで作るべきだ」と須藤裕太プロは語る。

テイクバックの大きさで距離感を調整しようとすると、インパクトでクラブが緩んでしまうからだ。

テイクバックの大きさは変えず、フォローの大きさで距離感を作ろうとすると、クラブが緩まずにインパクトを迎えるため、ミスにつながりにくい。

筆者もどちらかと言うと、テイクバックの大きさでアプローチの距離感を作るタイプだったが、改めて大切なのはフォロー側の大きさであることを認識した。

テイクバックの大きさ自体を大きくすることは問題ないと思うが、それに応じたフォローの大きさをしっかり取るよう意識して練習したところ、アプローチのミスが少なくなった。

「距離感はフォローの大きさで作る」みなさんも意識してみてはいかがだろうか。

<参考動画>

「均等な振り幅でアプローチ」はダメ!?距離感を合わせやすい打ち方を教えます。

(UUUM GOLF-ウーム ゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想