タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドライバーで捕まったフェードボールを打つ方法がコレ

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より、藤田寛之プロの「ドライバーで捕ったフェードボールを打つ方法」を紹介する。

フェースを被せて上から打つ

ドライバーで捕まったフェードボールを打つためには、アドレスでフェースを被せて上から打つことが大切だと藤田プロは語る。

まず大前提として、ドライバーは上から打つとドローがかかりにくく、下から打つとフェードがかかりにくい。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

そしてフェードボールを狙う際は出球は左に出さないといけない。

ドライバーの出球の方向はフェース面の角度に85%依存すると言われている。

したがってインパクトの瞬間にフェース面は左に向いていないといけないのだ。

もちろん手を返してフェース面を左に向けることも可能だが、インパクトの瞬間に手でフェース面を操作するのは安定感が無くお勧めしないと藤田プロは話している。

アドレス時からフェース面を被せて構え、その角度をスイング中に変えないことが大切だそうだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

まとめ

「アドレスでフェースを被せて上から叩く」これさえできれば捕まったフェードボールは打てる。

筆者はドローヒッターだが、フェードボールを打つ時は全く同じイメージで打っていたので、改めて自分の考えが間違いではなかったことが確認できた。

フェードボール習得を目指す方は、ぜひ藤田プロのレッスンを参考にしてほしい。

<参考動画>コレで打てばドライバーは真っ直ぐ飛ぶ!?つかまった「最強フェード」を打つ方法を藤田寛之プロが分かりやすく解説してくれます。

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想