タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

プロのようなアイアンショットを打つために意識すること

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「プロのようなアイアンショットを打つために意識すること」を紹介する。

ハンドファーストに打ってダイナミックロフトを立てる

プロのようなアイアンショットを打つためには「ハンドファーストの形で打って、ダイナミックロフトを立てることが大切」と藤田寛之プロは語る。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

このハンドファーストの形を作る時に意識するべきなのが「手を前に出してハンドファーストを作らない」ということだ。

「下半身が先行する形でスイングすると自然にハンドファーストになる。自らハンドファーストを作ってはいけない。」と藤田プロは説明している。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

下半身リードの打ち方でハンドファーストができると、ダイナミックロフト(※インパクトの瞬間の実測ロフト角)は、実際のアイアンのロフト角より10度以上立ってくる。

藤田プロはロフト34度の7番アイアンで、ダイナミックロフトは21度〜22度になるそうだ。

7番アイアンで175ヤード飛ばす筆者も同じく、34度のロフト角でダイナミックロフト21度ほどでインパクトしている。

アマチュアゴルファーは反対にインパクトの瞬間にロフトが寝るような打ち方をしている人が多い。

インパクトでロフトが立つ感覚を覚えると、プロのような弾道で飛距離も出る球がアイアンショットで打てるようになるだろう。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

まとめ

藤田プロのレッスンが理解できれば、アイアンショットの精度も飛距離も大きく伸ばすことができる。

アイアンショットにお悩みの方にはぜひ参考にしてほしい。

<参考動画>アイアンは○○する意識で打つとガチで上手く打てる!?藤田流スイング術を伝授します。

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想