タイトル画像

専門マスター

  • いいね

ティーの高さを変えるだけでドライバーは飛ばせる! ティーアップでの球筋の操り方

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFの動画より「ティーアップの高さでのドライバーの球筋の操り方」を紹介する。

飛距離を出したい時はティーを高くする

飛距離を出したい時はティーアップを高くして、アッパースイングに振るべきだ」と森田理香子プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

ティーアップを高くすべきホールの条件としては以下のような場合だ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

ティーアップを高くした場合は、スイングは同じままクラブを少し下から入れることで、高弾道で飛距離の出る球を打つことができる。

曲げたくない・上げたくない時はティーを低く

球を曲げたくない、上げたくない場合はティーアップを低くすべきだ」と森田理香子プロは話す。

まず曲がり幅に関してはティーが高いと曲がりやすく、ティーが低いと曲がりにくくなる。

フェアウェイが狭いホールなどでは距離を求めず、ティーアップを低くした方が良いだろう。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

また風が強い時や打ち下ろしのホールなどでは、ティーアップの高さを低くすることで球も低くなり、より安全な攻め方をすることができる。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

まとめ

スイングを変えずとも、ティーアップの高さを変えるだけで、ドライバーの球筋は操ることができる。

ぜひ次回のラウンドから森田プロのレッスンを活用してほしい。

<参考動画>適当に決めていると危険!球をしっかり上げて飛ばしたいならティーを◯◯する!"賞金女王"森田理香子プロが伝授します!

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

コンテンツへの感想