タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

この方法でドライバーの「スライス・フック」が直ります。

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUMGOLFのレッスン動画より「ドライバーのフック・スライスを直す方法」を紹介する。

「ドライバーを曲げないようにするためには、親指を外した状態のグリップでスイングをすることが大切」と岩本砂織プロは話す。

意識するのは以下の2点だ。

・バックスイングで右手の人差し指にクラブが乗る

・フォローで左の人差し指にクラブが乗る

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

「親指に力が入るとフェース面がずれてしまう」と岩本砂織プロは説明しており、それを防ぐためにこの練習は効果的だそうだ。

また正しいローテーションを自然と身につけることができるため、初心者ゴルファーにもオススメの練習となっている。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

筆者も練習場で早速家でこの方法で素振りをしてみたところ、良いスイングが自然と導かれているような感覚があった。

非常に効果的な練習だと実感したので継続的に続けてみたいと思う。

ゴルフにおいてグリップは何よりも大切な要素の1つだ。

さまざまなグリップを試してみることで読者のみなさんに最適なものが見つかるかもしれない。

ちなみに筆者は「テンフィンガーグリップ」をアマチュアゴルファーには推奨している。

スライスや飛距離不足に悩んでいる人には最適のグリップがこのテンフィンガーグリップだからだ。

以下の動画で詳細に紹介しているので、こちらも参考にしてみてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想