タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドライバーがうまく打てるようになるコツをプロが分かりやすく解説!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「ドライバーが上手く打てるようになるコツ」を紹介する。

体は引いて使う

「ドライバーをうまく打てるようになるためには、スイング中に体を引いて使うことが大切」と須藤裕太プロは話す。

具体的にはテイクバックでは右肩と右腰を引き、フォローでは左肩と左足を引くことが正しいスイングの方法だそうだ。この時に腕は体の前に常にあることを意識する。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

反対に始動で横に体重移動することは間違ったスイングの方法だ。

筆者自身この横移動をやめて体を引いて使うようになってからドライバーショットが安定し始めた。

ゴルフにおいて体重移動は意識的に行うものではなく、体の回転の結果生じるものなのだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

この2点が意識できればドライバーショットは劇的に変化する。

特にテイクバックで右サイドを引くことは、スライス改善には大きな効果がある。

この点においては筆者が以下の動画で詳しく解説している。

スライスに悩む方はぜひ参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想