タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドローボールってどうやって打つの?意識するべきことはこの2点!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

アマチュアゴルファーの憧れであるドローボール。

習得が難しいように思われがちだが、コツさえ掴めばフェードボールよりも簡単に打てるのがこのドローボールだ。

本記事ではドローボールを習得するために必要な2つのことを紹介する。

1.インサイドアウトにクラブを振る

ドローボールを打つためには「インサイドアウト」のスイングをしなければならない。

クラブがボールの内側から入り、飛球線方向より外側に抜けて行く。

インサイドからクラブを入れるためには、背中側からシャフトが出てくるようなイメージを持つと良い。

それでもクラブが外から出てくる人は、以下の動画のイメージを持つとクラブがインサイドから入りやすくなるのでオススメだ。

2.フェースをターンさせる

ドローボールを打つ時は意図的にフェースターンを入れることも大切になる。

ドローボールを打つためには、クラブ全体のインサイドアウト軌道の数値よりも、フェースが開いている角度が少なくなければいけないからだ。

クラブ全体をインサイドアウトに振ると、フェースも同じく右方向に振り抜くことになる。またクラブの機能としてフェースは何もしなければ開く方向に動くので、フェースターンをする意識がないとフェースが開き過ぎてしまう。

ドローボールは数値的には「フェースオープンのインサイドアウト」で振るものだが、インサイドアウトの数値よりもフェースが開いている角度が大きいとプッシュアウトしてしまうので気を付けたい。

まとめ

ドローボールはフェースターンをしながらインサイドアウトに振ると簡単に打てる。

スライスを直すには結局ドローボールを習得するのが1番の近道だ。

本記事を参考にして捕まったカッコ良い球を打てるようになってほしい。

<参考記事>フェードボールってどうやって打つの?意識するべきことはこの2点!

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想