タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドライバーがフックしてしまう意外な原因を教えます

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のスイング研究動画で発覚した「ドライバーがフックしてしまう意外な原因」を紹介する。

ヒールに当たると実はフックしやすい

一般的にドライバーはヒールに当たるとスライスしやすいと言われる。

だが実は本来フェースのヒール側に当たると、物理学的にフェース面が返りフックしやすい。

この現象をなるべく少なくするために、クラブの機能としてヒール側に当たった時になるべくスライス回転がかかるように設計されているのだ。

特にヘッドスピードが速い人は、このクラブの効果よりも本来の物理学上の効果が大きくなりやすい。

ヘッドスピードが速くフックが多発している人は、フェース面のヒール側に球が当たってないか確認してみることをオススメする。

本記事で紹介した「ヒールフック」の詳細に関しては参考動画で確認してほしい。

<参考動画>【ゴルフ】たった1つの事を変えただけでドライバーの散らばりが少なくなりました!自分のスイングを分析して研究してます。【AKI GOLF CHANNEL】【アキゴルフ】

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想