タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドローボールを打ちたい人必見!この構えをすると簡単に球が捕まります

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFの動画より「球を捕まえるための正しい構え方」を紹介する。

足と肩をクローズにする

「球を1番簡単に捕まえる方法はアドレスで肩と足をクローズに構えることだ」と神農洋平プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

アマチュアゴルファーの多くは「足はクローズ・肩はオープン」といったバラバラの状態でアドレスしていることが多く、このアドレスを揃えることで狙った球筋が打てるようになるそうだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

なお上級者になると骨盤の向きも同時に合わせることで、より球筋が安定しやすいそうだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

筆者も従事するレッスンプロにこのことを日頃から意識するように教わっている。

筆者自身このアドレスの向きを正すだけで、ラウンド中に球筋がバラついていてもすぐに修正することができる。

以下のラウンドレッスン動画を見ると、本記事のレッスン内容の重要性が伝わると思うので視聴をお勧めしたい。

<参考動画>プロの指摘でアドレスを正しただけでショットが激変!足と肩のライン大切です!【ラウンドレッスン】

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想