タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

夏ラフも怖くない!ラフからのショットの対策方法を芹澤信雄プロが解説!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFの芹澤信雄プロのレッスン動画より「ラフからのショットの攻略方法」を紹介する。

1.球が沈んでいる場合

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

「球がラフに完全に沈んでいる場合は、ロフトがあるクラブで打つことをお勧めする」と芹澤プロは話す。

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

ラフに沈んでいる球は、ロングアイアンのようなロフトの立ったクラブでは、芝を切ることができずに飛距離を出すことが難しくなる。

特にパワーに自信のない方はロフトの寝たウェッジなどを打った方が距離を稼げると芹澤プロは解説している。

2.逆目の場合

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

「ラフの芝目が逆目の場合は、ユーティリティでのショットをお勧めする」と芹澤プロは話す。

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

UTはソールが滑りやすいため、逆目のラフでも影響を受けにくいそうだ。

距離が余る場合は短く持ってコンパクトに振って対処すれば良いと芹澤プロは解説している。

まとめ

これから迎える夏本番のラフは、芝が長くなるため対応が難しくなる。

長いラフでからのショットの対応に悩んだ時は、ぜひ今回の芹澤プロのレッスンを思い出してほしい。

<参考動画>知っておくと得!コースで球を上手くつかまえられる方法はコレ!

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想