タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ドライバーショットの飛距離がすぐに伸びる!“絶対に真似したい”構え方を一流レッスンプロが紹介!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

筆者も出演した以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「ドライバーショットの飛距離が伸びる構え方」を紹介する。

「ドライバーショットを飛ばすためには、アドレスで球が上がりやすい構えを作ることが重要」と内藤雄士プロは話す。

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

ドライバーの飛距離アップのためには、キャリーを出すことが最も大切だそうだ。

以下の2点を意識して球が上がりやすい構えを作り、キャリーを出すことがドライバーの飛距離アップには欠かせないと内藤プロは説明している。

1.右肩を下げて構える

まず最初に意識するべきことは、右肩を少し下げて構えることだそうだ。

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

体の軸を少し右側に傾けるイメージで構えると、自然に正しい肩の位置関係が作れると内藤プロは説明している。

反対に右肩が左肩よりも上がってしまっている構え方では、球が上がらないためドライバーショットの飛距離は出ないので気を付けたい。

2.後ろから左腕が見えるように構える

続いて2点目が、後ろから見た時に左腕がチラッと見えるように構えるということだ。

画像提供:UUUM GOLF
画像提供:UUUM GOLF

右脇を締めて右肩が出ないように構えると、自然とこの形になると内藤プロは説明している。

右肩は前に出ても球が上がらなくなるため、この点もドライバーショットの飛距離アップのためには重要だ。

まとめ

ドライバーで球を上げるためには、スイングではなく構え方が最も大切となる。

ドライバーで300ヤード以上飛ばす筆者も内藤プロと同じ考えを持っており、改めてアドレスの重要性を再確認することができた。

筆者の掲げる飛距離アップのための3か条は以下の動画を参考にしてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想