タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

プロのように"ダウンブロー"でアイアンを打つ方法を稲森佑貴プロが伝授!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「プロのようにダウンブローでアイアンを打つ方法」を紹介する。

「アイアンショットは、ダウンブローで打つために、刺していくイメージで打っている」と稲森佑貴プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

そのためには、まず初めにボールを中に入れなければならないそうだ。

もちろんロングアイアンになれば、少しボールの位置は左側になるが、それでもインパクトゾーン内に留める必要がある稲森プロは解説している。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

このダウンブローを意識する時に1番大切なことは、クラブヘッドと一緒に上半身も来ることだと稲森プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

アマチュアゴルファーの多くは、ダウンブローで打とうとするあまり、手だけでスイングを行う所謂"手打ち"になっているそうだ。

クラブヘッドと一緒に上半身も来るという意識を持つと、体全体でダウンブローに打てると稲森プロは説明している。

まとめ

アイアンショットは手だけではなく、上半身も合わせてクラブを刺していくという稲森プロのレッスンは非常に参考になるものであった。

筆者もアイアンショットではダウンブローを意識しているので、ぜひ稲森プロのレッスンをスイングに取り入れたいと感じた。

なお筆者は以下の記事で紹介している内容を意識し始めてから、アイアンショットでターフを取ることができるようになった。

ダウンブロー習得を目指す方は、ぜひ以下の記事も参考にしてほしい。

<参考記事>ある1点を意識するだけで“ダウンブロー”は誰でも簡単に習得できます!

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。