タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ロングアイアンが苦手な人は、アドレスで"この1点"のみを変えてみて下さい。劇的に当たるようになります

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「ロングアイアンの正しい構え方」を紹介する。

「ロングアイアンを上手く打つ為には、アドレスの作り方がとても重要」と大西翔太プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

クラブが長くなればなるほど、アドレスにおいて球の位置は左になることはご存知な人が多いだろう。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

「アマユアゴルファーの多くは、ボール位置を左に置いた時に、上体が左にある形のままアドレスしてしまっている」と大西プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

球が左に来た分、上体は右に傾けることがロングアイアンの正しい構え方だそうだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

状態を右に傾けて、払い打ちに近い状態で打つことがロングアイアンの正しい打ち方だと大西プロは説明している。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

ぜひ大西プロのレッスンを参考に、ロングアイアンの苦手意識を克服してほしい。

<関連記事>ロングアイアンを曲げずに上手く打つためのコツをプロゴルファーが解説!

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。