タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

これからの季節は要注意!ラフに浮いた球を打つ時は"この1点"を覚えて攻略して下さい。

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のラウンドレッスン動画より「ラフに浮いたボールの打ち方」を紹介する。

「球がラフに浮いている場合には、上から打ち込む意識を持つことは止めた方が良い」と吉成弘和プロは話す。

球がラフに浮いている場合にダウンブローで打とうとすると、クラブが球の下に潜りやすくなる。

その結果、フェース面の上の方に球が当たり、飛距離が出ずにショートしてしまうことが多いのだ。

ラフに球が浮いている時は打ち込まない
ラフに球が浮いている時は打ち込まない

特にこれからの季節はラフの芝が長くなり、球が浮いた状態になりやすい。

ラフに球が入った場合には、まず球が浮いているのか沈んでいるのかを確認し、球が浮いている場合には払い打ちをするくらいのイメージを持つと良いだろう。

反対に球がラフに沈んでいる場合の対処方法は、以下の記事で芹澤信雄プロが解説してくれている。

ぜひこちらの記事も読んで、夏のラフからのショットを攻略してほしい。

<関連記事>球が沈んでいるラフからのショットの対策方法を芹澤信雄プロが解説!

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。