タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

多くの人が間違えている!? プロのラウンドレッスンを受けて感じた"スコアを出すために1番大切なこと"

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のラウンドレッスン動画より「レッスンプロのラウンドレッスンを受けて感じた"スコアを出すために1番大切なこと"」を紹介する。

ずばりスコアを出すためには「ティーショットをフェアウェイに置き、セカンドショット(Par5ではサードショット)をグリーンセンターに乗せること」が1番大切だと感じた。

ティーショットはフェアウェイに置く

まずティーショットに関してだが、やはり男子プロの試合などを見ていると、少しでも球を飛ばして次のショットの距離を短くしたいということをどうしても考えがちだ。

しかし少し距離が残ってもフェアウェイに球があれば、ほとんどの場合は次のショットもグリーンを狙いやすくなる。ゴルフ場はそのように設計されているのだ。

改めてティーショットは飛距離よりも精度の方が大切だと感じた。

ティーショットは飛距離よりもフェアウェイに置くことを優先 (YouTube「AKI GOLF」より引用)
ティーショットは飛距離よりもフェアウェイに置くことを優先 (YouTube「AKI GOLF」より引用)

セカンド(Par5ではサード)をグリーンセンターに乗せる

続いてグリーンを狙う際のショットだが、こちらもプロの試合などを見ているとピンにビタっと着くショットを狙いたくなってしまいがちである。

もちろん毎回ピンを狙ってピンに着けられる技術があるなら、そうしても構わない。いや是非ともそういった狙い方をしてバーディーを量産するべきだ。

しかし、ほとんどのアマチュアゴルファーにはその技量が無いと筆者はプロから教わった。

こういったアマチュアゴルファーにおいては、ピンを狙うよりも常にグリーンセンターを狙う方が、スコアが間違いなく良くなるのだ。

グリーンセンターを狙っておけば、少々左右に球が逸れてもグリーンに乗る確率は高い。

また狙い通りグリーンセンターに乗った場合は、ピンの位置がどこであれ、ほとんどの場合良いバーディーパットが残るはずだ。

ピンを狙ってショートサイドに外し、難しいアプローチが残ってボギーやダボになるよりも、常にグリーンセンターを狙ってしっかりグリーンオンさせる方が間違いなくスコアが良くなると筆者はラウンドレッスンを受けて痛感した。

グリーンを狙う時は常にセンター狙い (YouTube「AKI GOLF」より引用)
グリーンを狙う時は常にセンター狙い (YouTube「AKI GOLF」より引用)

まとめ

ゴルフはリスク管理のスポーツだと言い換えることができるであろう。

このリスク管理が上手くなれば、スコアは間違いなく大幅に更新できる。

ぜひ本記事と以下のラウンドレッスンシリーズを見て、ゴルフ力アップにつなげてほしい。

※参考動画(YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-)

<関連記事>プロキャディのラウンドレッスンを受けて感じた"スコアを出すために1番大切なこと"

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。