タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

このスイングをするだけで、ドライバーショットが曲がらなくなります。青木瀬令奈プロが教える意外な練習法

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFの動画より、昨日「資生堂レディース」を優勝した青木瀬令奈プロのレッスンを紹介する。

「ドライバーショットを真っ直ぐ飛ばすためには、クロウグリップやクロスハンドグリップでの練習をお勧めする」と青木プロは話す。

クロウグリップやクロスハンドグリップはパターの握り方として有名だが、ドライバーをこれらの握り方で練習することで、球が真っ直ぐ飛ぶようになると言う。

左がクロウグリップ 右がクロスハンド (画像提供:UUUM GOLF)
左がクロウグリップ 右がクロスハンド (画像提供:UUUM GOLF)

これらのグリップでドライバーを握ることで、スイング中にクラブがおへそと同調してフォロースルーが出せるようになるそうだ。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

その結果、クラブが体と同調して打てるようになり、手が急激に返ったりすることもなくなり、ドライバーショットは真っ直ぐ飛ぶようになると青木プロは説明している。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

クラブと体が同調するようになると、球はそれだけでほとんど曲がらなくなる。

筆者も以下の参考記事で、内藤雄士コーチからこの事を教わり、球の安定性がかなり増したと感じている。

ぜひ以下の記事も読んで、曲がらないドライバーショットを手に入れてほしい。

<参考記事>球を真っ直ぐ飛ばすために“最も大切な同調性”を一流レッスンプロが解説!

〜筆者情報〜
ゴルフを愛するクリエイター
下記リンクでゴルフ動画配信中
YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-
Instagram:@aki_0420
LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。