タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

正しい「肩と腰の使い方」を学べば、ドライバーのスライスは改善されます!

AKI

ゴルフクリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

以下のUUUMGOLFのレッスン動画より「ドライバーのスライスの直し方」を紹介する。

「左肩と左腰が両方とも同じ後ろ方向にスライドすると、ドライバーのような長いクラブはカット軌道となりスライスしてしまう」と和田正義プロは話す。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

正しいゴルフスイングでは、左肩と左腰はそれぞれ違う方向に動かなければならない。

本記事ではその動かし方を紹介する。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

左肩は上 左腰は後ろ

ダウンスイングでは、「左肩は上・左腰は後ろ」に動かすことが正しいゴルフスイングの形である。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

スライスに悩む多くの人は、左肩も後ろに引いてしまっているため、手が前に出てきてカット軌道となってしまっているそうだ。

ダウンスイングでは、右の横腹が極端に縮まって、左の脇腹が極端に広がるように意識することで、正しい肩と腰の使い方が身に付くと和田プロは説明している。

(画像提供:UUUM GOLF)
(画像提供:UUUM GOLF)

この和田プロのレッスンを実践するためには、正しいテイクバックを行なっておく必要がある。

こちらに関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。

<参考記事>スライスが一瞬で直る!スライスの原因はテイクバックでの「腰の使い方」だった!

〜筆者情報〜

ゴルフを愛するクリエイター

下記リンクでゴルフ動画配信中

YouTube:AKI GOLF -アキゴルフ-

Instagram:@aki_0420

LINE:@aki_0420

※毎日ゴルフレッスン記事を配信しています。
是非ともフォロー・いいねをお願いします!
レッスン記事一覧はこちらからご覧下さい!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。