タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】プロゴルファーのスイング フォロースルーで腕が伸びる理由

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

フォロースルーで綺麗に腕が伸びるツアープロ

多くの一般ゴルファーはフォロースルーで腕が曲がる。対してツアープロは腕が伸びたフォロースルーになっている。

スイング動画や雑誌などで、プロと自分のスイングの違いを知り、プロのようなフォロースルーの獲得を目指して練習しているゴルファーは少なくないのではないだろうか。

しかし「腕が曲がっているから、腕を伸ばす」と直接的にスイングを変えようとしても、思うようにはいかない。腕が曲がるには理由があり、その理由に向き合わなければ、根本的な改良にはならないからだ。

腕の伸びに大きく影響するのが「クラブの引っ張り合いの有無」である。

クラブの引っ張り合い

クラブが加速する方向と反対方向へ引っ張る力

ゴルフスイングではフォロースルーでクラブは加速している。この加速するクラブを、加速する方向の反対方向に引っ張ることで、クラブの引っ張り合いが生まれ、腕が伸びる。

引っ張り合いで伸びる腕
引っ張り合いで伸びる腕

ハンマー投げ

ハンマー投げを例にしてみる。ハンマー投げはサークルの中でクルクルと体をターンさせ、ブルンブルンとハンマーを加速させながら、ハンマーをリリースして投げた距離を競う競技。

サークルの中でハンマーを加速させる時、ハンマーの加速と対抗するように、ハンマーを反対方向に引っ張ることでハンマーは加速する。

この時の腕は伸びる。伸ばそうとしなくても伸びるはずだ。これが引っ張り合い。

意識的に腕を伸ばさない

ハンマー投げがそうであるように、ゴルフスイングでも基本的には自ら腕を伸ばそうとしないようにしたい。腕は結果的に伸びる。

「フォロースルーを大きく」というイメージも危険だ。野球などをバリバリしてきたスポーツ愛好家であれば、このイメージを持っても無意識に引っ張り合いの関係性の上で腕が伸びるかもしれない。しかし、多くのゴルファーは体がフォロースルーの方向(目標方向)にもっていかれてしまい、クラブの引っ張り合いはなくなってしまう。反対方向に引っ張る力がないとクラブは加速せず、腕が伸びにくくなる。

ツアー選手のようなフォロースルーの腕の伸びはクラブの引っ張り合いが大きく影響する。この引っ張り合いについて理解を深めていきながら、ダイナミックに腕が伸びるフォロースルーを獲得したい。

<関連情報>
フォロースルーで左腕を伸ばすために必要なこと(Golfers Support.com)
フォロースルーで左肘を伸ばす方法(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想