タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】スライスを直して飛距離と方向の精度を上げるため スライスするクラブヘッドの動きと打点を知る

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

スライスに悩んでいるゴルファー

ボールがまっすぐ打ち出されて、途中から右に曲がるスライスボール。特にドライバーショットでは、右に打ち出されて、途中からさらに右に曲がるショット(プルスライス)が出てしまう悩みを抱えているゴルファーは少なくない。スライスは飛距離が出にくい弾道。方向だけでなく飛距離の面をふまえても、基本的には直していきたい。

アドレスやグリップ、スイングなど、スライスする原因として考えられることは様々だが、まず、「インパクト時にクラブヘッドとボールがどうなるとスライスするのか」について把握しておく必要がある。

スライスするインパクト

クラブフェースが開いている

インパクトでヘッド軌道に対してフェースが開いて(右を向いて)いると、スライスする。逆に、ヘッド軌道に対してフェースが閉じて(左を向いて)いると、フックする。

ヘッド軌道がアウトサイドイン

インサイドインの軌道に対して外側から内側に引き込むような、アウトサイドインのヘッド軌道になるとスライスしやすい。

※インサイドインでも、その軌道よりもフェースが右を向いていれば、ボールは右に曲がる(右に打ち出されて右に曲がる、プルスライスになる)。
※アウトサイドインの軌道でも、フェースの向きがその軌道と同じか左の場合は、スライスしない。

クラブフェースの向きとヘッド軌道の関係性だけで言えば、ボールが右に曲がる場合のそれぞれの状態は次の通りだ。

スライス(フェード)
スライス(フェード)

プルスライス
プルスライス

打点がややヒール寄り

ボールの曲がりは、打点も影響する。ドライバーの場合、スウィートスポットよりも少しヒール寄りの場合、右に曲がる弾道になりやすい。

ドライバーで過度にヒール(シャフト近く)の場合、左に打ち出されて右に曲がらない(戻らない)弾道になる。アイアンで過度にヒールの場合、ネックにボールが当たり右ななめ前方に飛ぶ。

まずは打点をチェック

正確なインパクト時のフェースの向きヘッド軌道のチェックは、弾道測定器やクラブに装着して使うタイプのセンサーが必要で、誰でも気軽にチェック、というわけにはいかない。

打点は、安価なショットマークでチェックすることができる。まずは打点をチェックしてみてはどうだろうか。意外な発見があるかもしれない。

<関連情報>
より強弾道へ スライス撲滅のために必要なチェックポイント(Golfers Support.com)
因果関係を明確にするために正しく打点をチェック ショットマークの使い方(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想