タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】右に飛ぶはずのつま先下がり ボールが左に飛ぶ場合がある理由

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

右に飛ぶつま先下がり

コースラウンドでは平地からのショットは少なく、傾斜地からのショットが多くなる。大きく分けて4種類ある傾斜地の中で、つま先下がりは右に飛びやすい。しかし、左に飛ぶ場合がある。その理由について解説する。

<関連記事>
【ゴルフ】コースラウンドでは80%以上が傾斜地からのショット 4種類の傾斜の基準となる弾道の傾向(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

つま先下がりで左に飛ぶ理由

つま先下がりでは、斜度が大きい場合、地面に対してライ角通りにクラブをセットすることができない。ヒール側だけが地面に接地して、トゥ側は浮いた状態になる。よって、インパクトでもヒール側だけが地面に当たりやすくなる。もしくは、トゥよりもヒールが先に地面に当たる。

ライ角:クラブヘッドの底面とシャフトのなす角度

ヒールだけが地面に当たるということは、ヒールだけが急減速することになる。するとトゥがヒールを急速に追い越すことになる。そうなると、クラブフェースが左を向いた状態でインパクトしやすくなるのだ。

特にショートアイアンは要注意

ウッド系クラブやミドルアイアンよりも、ショートアイアンを使う場合に、「右に飛ぶはずのつま先下がりで左に飛ぶ」ということは起こりやすい。ライ角が大きくなるからだ。

基準通り右に飛ぶのであれば、構えの向きを左に調整する必要がある。しかし、つま先下がりからのショットでは、右に飛ぶと決めつけずに、使用する番手や、ターゲット方向のレイアウト(池やバンカーなどの配置)などを踏まえて、構えの向きを決めた方が良さそうだ。

<関連記事>
【ゴルフ】傾斜地からのショットについて(SPAIA)
傾斜地からのショット(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想