タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】アドレス時のフェースの向き ターゲットに対してスクエアな向きとは

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

スクエアにクラブフェースをセットする

多くのゴルファーは、アドレスでクラブフェースの向きをターゲットに対してスクエア(まっすぐ)にセットしようとしているだろう。そして、ターゲットに対してスコアライン(フェースの溝)の向きが直角になっている状態が、ターゲットに対してスクエアなフェースの向きといわれており、そのような意識で構えているゴルファーが多いだろう。

しかし、「直角=スクエア」とは言い切れない部分がある。その点について解説する。

スコアラインの向きが直角

ライ角通りのセット

ライ角通りにクラブヘッドをセットする場合、スコアラインの向きがクラブフェースの向きになる。よって、ターゲットに対してスコアラインの向きが直角になることが、ターゲットに対してスクエアな向きになる。

ライ角:クラブヘッドの底面とシャフトの角度

スコアラインがターゲット方向に対して直角
スコアラインがターゲット方向に対して直角

ライ角通りにセットした場合、スコアラインの向き=フェースの向き
ライ角通りにセットした場合、スコアラインの向き=フェースの向き

トゥアップのセット

トゥアップ(トゥを浮かせた状態)でクラブヘッドをセットする場合、スコアラインの向きがターゲットに対して直角の場合、クラブフェースの向きは左向きになる。

スコアラインがターゲット方向に対して直角
スコアラインがターゲット方向に対して直角

トゥを浮かせてセットした場合、フェースの向きはスコアラインの向きよりも左向き
トゥを浮かせてセットした場合、フェースの向きはスコアラインの向きよりも左向き

よって、トゥアップの場合、スコアラインは少し右を向いた状態が、クラブフェースの向きがスクエアな状態となる。

スコアラインがターゲットよりも右向き
スコアラインがターゲットよりも右向き

トゥアップの場合、スコアラインが右を向いている状態が、スクエアなフェースの向き
トゥアップの場合、スコアラインが右を向いている状態が、スクエアなフェースの向き

右を向いて見える程度が、実際はまっすぐ

少しトゥアップでセットする場合、フェースの向きは、スコアラインが右を向いた状態(フェースが右を向いて見える状態)が、スクエアと言える。

ただ、「スイング中のシャフトのしなり方の特性により、トゥダウンが起こるので、その分をふまえて、アドレス時にトゥアップしておくべき」という考えがあり、ライ角通りにクラブヘッドをセットするのではなく、トゥアップでセットすることが基準と言われていたりする。

よって、トゥアップの度合いも含めて、どういう向きでセットするのかについては、ある程度自由度があり、「この向きであるべき」と、示すことはできない。しかし、アドレス時のトゥアップの有無によってクラブフェースの向きが変わる点について理解しておくことは、スイングと弾道の因果関係を明確にしていく上で大きな役割を果たす。

「トゥアップにセットするべき」という一般的に言われている基準通りにセットするにしても、盲目的にそうするのと、その点について理解を深めてそうするのとでは、取り組みの質が異なるものになるのだ。

「アドレス時にボールの上方から見るフェースの向き」と「実際のフェースの向き」には差がある場合があることを把握して、より良い取り組みをしていきたい。

<関連記事>
フェースアングルチェッカー アドレス時のフェースの向きをチェック(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想