タイトル画像

専門マスター

  • いいね

【ゴルフ】レーザーもしくはGPSで距離を正確に計測 距離計の活用方法

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2019年から使用可能

2019年のルール改正時にターゲットまでの距離を計測する距離計を使用することができるようになり、距離計の使用が一般的になった。

グリーンを狙うときに、ピンまでの距離をより正確に計測できるようになったし、どこからでも木やバンカーまでの距離を計測できるようになった。

距離計の種類

GPS

GPS(グローバルポジショニングシステム)とは、地球上の現在地を測定するための衛星測位システムのこと。GPSの距離計測器は、グリーンやピンまでの距離情報に加え、ハザードの位置やその距離情報なども画面に表示され、俯瞰で現在地がわかるものも多くある。

出典:https://www.eaglevision.jp/
出典:https://www.eaglevision.jp/

レーザー

単眼鏡のようにターゲットに焦点を合わせ、ボタンを押せば距離が表示される。見えないところまでの距離を計測することはできないが、見えるところまでの距離はGPS式よりも正確に計測できる。

プロや上級者が使用する距離計は、このレーザー距離計だ。

出典:https://www.bushnell.jp/
出典:https://www.bushnell.jp/

距離計を使ってスキルアップ

距離計はコースラウンドでターゲットまでの距離を正確に把握するためのものだが、スキルアップにつなげることもできる。

ターゲットまでの距離を計測してショット。次打地点で「何ヤードショートしたか、オーバーしたか」を把握すれば、飛んだ距離が分かる。ゴルフ場で「このクラブでこういう当たりであればこのぐらいの飛距離になる」という情報を蓄積することで、コースマネージメントだけでなく上達のための練習に生かすことができる。

<関連記事>
距離計測器 GPS式とレーザー式の違い(Golfers Support.com)
GPS?レーザー?利用者が増えてきた距離計の活用方法とは(Golfers Support.com)

シェア

いいね

コンテンツへの感想