タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【ゴルフ】冬本番 難しいコースコンディションに負けないラウンド術

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

難しい冬ゴルフ

寒い冬のコースラウンドは、春から秋にはない難しさがある。気温が低いことによる体の動かしにくさだけでなく、コースコンディションの面でも冬ならではの難しさに打ち勝つ必要がある。

冬ならではの対応

入念なストレッチ

ゴルフのスタートは朝早い。よって、スタートしてしばらくはこごえるような寒さが続く場合がある。

寒くなると体が動きにくくなるので、入念なストレッチが必要だ。

ただ、ゴルファーはストレッチをしない傾向にある。コースでも普段練習する練習場でも、いきなりボールを打ち始めることが多い。

暖かく体を動かしやすい時期でも練習やプレー前のストレッチは本来必須。寒い冬はなおさらだ。

けがを防止するためだけでなく、良いプレーをするためにも、大切なストレッチ。プレー前のショット、パッティング練習の球数が減っても、ストレッチの時間は設けた方が良いだろう。

クラブハウスのロッカーやコースの練習場などで、暖かい時季と同じぐらい、体をスムーズに動かせる状態にしておきたい。

防寒具

寒さ対策としてウエアにくふうが必要だ。

しかし、上半身を着込み過ぎてしまうとスイングの邪魔になる場合がある。下半身を暖かくすると体全体が温まるので、下半身の方を重装備にしよう。

芝が薄くなり、グリーンが凍る

冬は芝が薄くなる。芝が薄くなるとインパクトがシビアになる。芝が濃い時季であれば、少しぐらいダフってもソールがすべり、大きなミスにならなくても、冬は少しのダフリでもミスになる場合がある。

ロングショットでは薄め(トップめ)の当たりでも良しとして良いだろう。

あと、グリーンが凍る場合がある。グリーンにキャリーすると、はねてグリーンをオーバーすることがある。

ゴルフは手前からと言われているが、冬はより手前からを念頭に、コースマネージメントをしていきたい。

冬には冬の楽しさがある

冬は寒いからゴルフはお休み、というゴルファーもいるだろう。

しかし、冬のゴルフ場の風景も、冬ならではの難しいコースコンディションによって起こるいろいろなことも、体感してほしい。

冬ゴルフには冬ゴルフならではの楽しさや学びがある。

<関連記事>
冬ゴルフならではのコースコンディションに対応するラウンド術(Golfers Support.com)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。