タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

脱出だけでなくピンに寄せる! バンカーショットでプロのように距離感を合わせる方法【ゴルフ】

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ボールの手前を打って脱出

グリーンサイドバンカーからのショットでは、ボールの手前の砂を打ち、砂を爆発(エクスプロージョン)させる。爆発した砂に乗ってボールはバンカーから脱出する。

<関連記事>
【ゴルフ】グリーンサイドバンカーから確実に1回で脱出する 有効なバンカーショットのイメージ作り(Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム)

バンカーから距離感を合わせる方法

フェースを開く度合いや、取る砂の量を調整することで、距離を打ち分けることができる。

フェースが開く度合いが大きいほどボールが上がりやすく、距離が出にくくなる。アゴが高い場合や、グリーンが下り傾斜の場合は、アドレス時にフェースを開くことで距離を合わせやすくなる。

クラブヘッドを深く入れ、砂を多く取ると、キャリー距離が出なくなる。ただ、キャリーしてからはボールが転がりやすくなる。

クラブヘッドを浅く入れ、砂を少なく取ると、キャリー距離が出てスピンが効く。プロツアーで、ボールがグリーンにキャリーしてから強烈にスピンが効いて止まるバンカーショットを見ることがあるが、これは砂を少なく取っているショットだ。

バンカー練習に時間を使う

プロはバンカーショットを苦にしない。フェアウェイやラフからのアプローチショットと精度があまり変わらない。10ヤードから40ヤードまでのショットで、バンカーからとラフから、ピンまでほぼ同じ距離に寄せている。

一方、一般のゴルファーにとってバンカーショットは難しいショット。フェアウェイやラフからのアプローチショットとの精度の差が大きくある。バンカーからはラフからの時の約2倍の距離を残している。

1フィート=30.48センチ 出典:ゴルフデータ革命
1フィート=30.48センチ 出典:ゴルフデータ革命

「プロのバンカーショットと一般ゴルファーのバンカーショット」「プロのラフからのショットと一般ゴルファーのラフからのショット」に精度の差があるのは当然。だが、一般ゴルファーのバンカーショットとラフからショットの精度の差は、もう少し小さくできるのではないだうか。

バンカー練習に時間を割くことで、フェアウェイやラフからのアプローチショットと同じようにバンカーショットが打ちやすくなる。

プロのようなバンカーショット練習環境や時間を得ることは難しいが、バンカー練習場があるゴルフ練習場や、ゴルフ場へ行った時は、練習しておきたい。

バンカーショットが上達すると、寄せ1(ヨセワン)率が上がってスコアメイクにつながる。さらに、コースラウンドで「バンカーに入っても大丈夫」と思えることで、ロングゲームでリラックスすることができ、精度が上がる期待が持てる。

<関連記事>
グリーンサイドバンカーからのショットで距離感を合わせる方法(Golfers Support.com)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想