タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

雨でもスコアを崩さない! 水を含んだ芝からのショットでミスしないための2つのポイント【ゴルフ】

Akira Yasu

ゴルフライター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

梅雨入り

梅雨入りした地域もあり、これから各地で雨が多くなってくる。雨の中ゴルフをする機会が増えやすい時季だ。

乾いている芝からよりも、水を含んでぬれている芝からの方が難しい。その難しくなる理由と対応方法を把握しておくことで、ミスヒットの確率が下がり、スコアメイクしやすくなる。

2つのぬれた芝の対応

ダフリに弱くなる

乾いた芝からでは少しダフってもソールがすべる。ある程度ボールに力が伝わるため、飛距離をあまり落とさずに済む。一方、ぬれた芝からはソールがすべりにくく、少しでもダフるとボールに力が伝わらずに大きく飛距離が落ちる。

雨の日はリズムやテンポが不安定になりやすい。ゆったりとしたスイングを心掛けることで、ダフる確率を下げることができる。

インパクトの抵抗が大きくなる

水を含んだ芝は重くなる。ラフではそれが顕著になる。重くなったラフの抵抗に負けると飛距離が落ちる。

ラフの抵抗に負けないための対策としては、クラブを短めに持つことを検討したい。こうすることで、ラフの抵抗に負けにくくなる。

好スコアで晴れやかな気分に!

「雨が降れば(降る予報であれば)ゴルフはキャンセル」としているゴルファーは多いだろうが、雨中のラウンドならではの面白さがある。せっかく日程を調整してゴルフの日を設けたのだから、できることならラウンドしたい。

雨の日は良いスコアを出すのが難しいものだが、注意点をおさえておくことでスコアメイクしやすくなる。スコアメイクできると、雨が降っていても晴れやかな気分になれるのではないだろうか。

<関連記事>
雨の日のコースラウンドで気をつけるべきこと(Golfers Support.com)
ラフとフェアウェイで異なる飛び方 ラフ特有の注意点と打ち方とは(Golfers Support.com) 

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。