【bills】世界中で人気のクラシックメニューが国内全8店舗で復活

秋吉健太

編集者/コンテンツプロデューサー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

まだコロナ禍になる前の2017年、『bills』の本店があるオーストラリア・シドニーに行ってきました。

初めて訪れたシドニーの街で目にしたのは、明るい太陽の下で身体のラインがしっかりとわかるスポーツウェアのまま普通に街中を闊歩する人や、花束を抱えてスケボーに乗って花を配達する花屋さん、朝8時台からカフェでグラスに注がれたコーヒーを飲む人、ランチタイムにオーガニックのオレンジワインを楽しむ人など、自由でヘルシーな生活を楽しんでいる現地の人たちの健康的なライフスタイル。

シドニーで暮らす人々の姿を見て、「ヘルシーであること」について考えさせられました
シドニーで暮らす人々の姿を見て、「ヘルシーであること」について考えさせられました

日本では『bills』といえばパンケーキ、というイメージが強いかもしれませんが、私がシドニーで訪れた『bills』本店では、パンケーキはもちろん、フレッシュ&オーガニックな食材を使った料理を楽しんでいる現地の人たちの姿が印象的でした。

世界中のbillsで愛されるクラッシックメニューが復活

4月1日(木)から、国内に8店舗にある『bills』でオープン当初から人気のクラシックメニューが復活すると聞いて、東京・銀座にある『bills』を訪ねました。

『bills』を手がけるビル・グレンジャー氏の最新クックブック「Australian Food」。この最新のクックブック発売を記念し、世界中の『bills』で愛されてきた人気メニューが復活
『bills』を手がけるビル・グレンジャー氏の最新クックブック「Australian Food」。この最新のクックブック発売を記念し、世界中の『bills』で愛されてきた人気メニューが復活

4月1日(木)から提供がスタートするクラッシックメニューのうち、今回味わったのは5つのメニュー。

チョップドサラダ-グリーンビーンズ、ズッキーニ、ヒヨコ豆、ビーツ、セサミドレッシング(1500円) 
チョップドサラダ-グリーンビーンズ、ズッキーニ、ヒヨコ豆、ビーツ、セサミドレッシング(1500円) 

最初にいただいたのは「チョップドサラダ」。野菜の食感を楽しめるようにとちょっぴり大きめにカットされたキュウリやズッキーニなどを口の中に入れると、体にいいことをしているような気がして幸せな気持ちになりました。クリーミーだけどクリームを使っていないセサミドレッシングも野菜の味を引き立ててくれました。

スイートコーンフリッター-ローストトマト、ベーコン、アボガドサルサ(1800円)
スイートコーンフリッター-ローストトマト、ベーコン、アボガドサルサ(1800円)

今回、実は最も楽しみにしていたのは『bills』夏の定番メニューの「スイートコーンフリッター」。6月から初秋にかけて収穫される、これから旬を迎えるスイートコーンとオニオン、パプリカを一緒に油で揚げたフリッター。ザクザクした食感とコーンのほのかな甘さがたまらなく美味しく、添えられたスパイシーなアボガドサルサをつけて食べると味変ができていろんな味が楽しめます。個人的にはローストされたトマトを口に含んだらクミンの香りが口の中に広がり、細かな部分まで食べ手のことを考えられているんだなぁと思いました。

ちなみに、サーブしていただいたスタッフに教えていただいたのですが、「あのコーンのメニューってまだありますか?」とよく尋ねられる人気メニューなのだそう。

スパゲティ-ケール&ピスタチオピストー(1700円)
スパゲティ-ケール&ピスタチオピストー(1700円)

続いてはパスタ。通常はバジル、ガーリック、オリーブオイルで作るフランス発祥の「ピストーソース」を『bills』流にアレンジしたこちらのメニューはフレッシュなケールを使い、そこにピスタチオを加えることでヘルシーな味わいに。

グリーンリゾット-ルッコラとほうれん草のピューレ、アスパラガスとズッキーニのサラダのせ(1800円)
グリーンリゾット-ルッコラとほうれん草のピューレ、アスパラガスとズッキーニのサラダのせ(1800円)

テーブルに置かれた瞬間、「綺麗だな」と思ったのが「グリーンリゾット」。ルッコラとほうれん草をブレンドしたピューレを使ったリゾットの上にはスライスされたズッキーニとアスパラガス、欧米ではハーブとして食されているナスタチウムがアクセントに。

パブロバ-マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム(1200円)
パブロバ-マンゴー、パッションフルーツ、ローズウォータークリーム(1200円)

デザートには、『bills』の故郷であるオーストラリアの伝統的スイーツであるメレンゲの焼き菓子「パブロバ」。こちらも世界中の『bills』で愛されている人気メニュー。スタッフの方に教えていただいたのですが、現在イギリス在住のビル・グレンジャー氏はこちらのメニューをエリザベス女王にふるまったのだそう。

ドリンクも趣向を凝らしたメニューを用意

左から、マンダリン自家製ソーダ(850円)、The Botanist 柚子コリンズ(1300円)
左から、マンダリン自家製ソーダ(850円)、The Botanist 柚子コリンズ(1300円)

合わせてドリンクもいただきました。ノンアルコールの「マンダリン自家製ソーダ」は温州みかんを使って作った自家製シロップが特徴で、濃厚な甘味が楽しめました。

「The Botanist 柚子コリンズ」はスコットランド・アイラ島で作られた9種類のハーブを使って作られたプレミアムクラフトジンがベースの『bills』オリジナルカクテル。グラスに刺さったキュウリを見て最初は驚いたのですが、飲んでみると「キュウリとジンってこんなに合うんだ」とさらに驚きました。

銀座店の様子。開放的な空間が心地よかったです。朝8:30から開いているので朝食を楽しみにいくのもおすすめ
銀座店の様子。開放的な空間が心地よかったです。朝8:30から開いているので朝食を楽しみにいくのもおすすめ

美味しい朝食で一日をスタート

個人的に思う『bills』の素晴らしさは、朝8時台という早い時間から最高の朝食が食べられるところ。ちょっと早起きして、ビル・グレンジャー氏のアイデア満載の食感や香りなどを楽しめる料理で一日をスタートすれば、その日はきっと素敵な気分で過ごせると思います。

『bills 銀座』
住所/東京都中央区銀座2-6-12 Okura House 12F
電話番号/ 03-5524-1900
営業時間/8:30〜21:00(コロナ禍のため営業時間は要確認)
定休日/なし

『bills』
第一号店を2008年に神奈川・七里ヶ浜にオープン。2009年には横浜赤レンガ倉庫、2010年東京・お台場、2012年東京・表参道、2015年東京・二子玉川、2016年福岡、東京・銀座など現在国内8店舗。海外ではシドニー、ロンドン、韓国で展開中

シェア

いいね

コンテンツへの感想