専門マスター

雪中キャンプ初心者必見! -安眠する為の寝床作り編-

akkhstyle アックン

キャンパー、キャンプコーディネーター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

雪中キャンプで大切な寝床についてご紹介したいと思います。
寒くて寝れなかった....なんて事になると
せっかくのキャンプが台無しですし、
ファミリーキャンパーは子供がいると尚更です。

先ずは、なるべく厚さのあるインフレータブルマットを用意します。
我が家は厚さ5mmのダンロップのインフレータブルマットを10年ほど愛用しています。
厚さ5mmでも収納サイズが非常にコンパクトです。

コットという選択肢もありますが、
我が家は子供の寝相が悪いので(苦笑)マットを並べてます。

次にマットの上にブランケット類を敷きますが、
今年から我家はブランケットの代わりに電気毛布にしています。
必要に応じてスイッチをONにするなど使い分けができる為ですが、
ブランケット(毛布)でレイヤリングにする事で断熱と
寝床の結露防止になります。
(全く寝床が結露しないという事ではないのでご注意ください。)

次に茶封筒型のシュラフを広げて敷きます。
ここまですれば雪中でも底冷えなんて事はないです。
コールマンのものを10年以上使ってます。

その上にダウンシュラフを並べて寝床の完成です。
使用しているのはナンガのシュラフです。
2年前にダウンを増量していますが、
750STD、800DXほどになります。

ストーブが無くても過ごせるように
最低でも600STD以上は必要だと思います。

寒さを感じるのは人それぞれですが、
それでも寒い場合は、ダウンシュラフの内外に
ブランケット掛けたり、
シュラフをレイヤリングで2枚重ねにしたりするのがお勧めです。

また、秋冬だけでなくゴールデンウィークでも
高地は寒いので寝床対策は万全にしたいですね。

BGM
vashisht_by_itai-armon_Artlist

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る