タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【福島市土湯温泉】源泉掛け流し!おひとりさまでもふらっと日帰り温泉「御とめ湯り」

あっこ

福島市観光ノートライター(福島市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

東北自動車道「福島西IC」より車で約15分、福島市内から気軽に行ける人気の温泉街「土湯温泉」。

「御とめ湯り」という、超気軽に日帰りで楽しめる源泉掛け流しの温泉が人気と聞いて、行ってきました。

手ぶらでくつろげる

土湯温泉街へと向かう緩やかな下り坂を、道なりに150mほど進み、左手の「坂」を上ります。

御とめ湯りの「看板」と「のぼり旗」が目印
御とめ湯りの「看板」と「のぼり旗」が目印

洋風のオシャレな外観の「御とめ湯り」。

無料の駐車場も広々完備
無料の駐車場も広々完備

まずは、店舗入口にて、履物を靴袋に入れて入館します。

靴袋
靴袋

フロントは、カフェ風のおしゃれな雰囲気です。

フロントエリア (写真提供:御とめ湯り)
フロントエリア (写真提供:御とめ湯り)

受付にて、無料の会員登録をするとお得ですよ。

「御とめ湯り」公式サイトより
「御とめ湯り」公式サイトより

受付完了後、ロッカーキー付き精算バンドを受け取って、温泉はじめ飲食なども手ぶらで楽しめる後払いシステムです。

フロント
フロント

過ごし方は自由自在

Wi-Fi完備で、仕事もOK!

ナチュラルな木の温もりあふれる「カウンター席」
ナチュラルな木の温もりあふれる「カウンター席」

挽き立ての珈琲も自由に飲んでOK!

無料のコーヒースタンド
無料のコーヒースタンド

無料休憩所でお昼寝をしてのんびりと。

広々とした無料のお休み処(写真提供:御とめ湯り)
広々とした無料のお休み処(写真提供:御とめ湯り)

コミックや雑誌も読み放題です。

コミックや雑誌も充実
コミックや雑誌も充実

お腹も満たされる

美味しい食事やスイーツも楽しめます。

飯どころ テイクアウトも歓迎!
飯どころ テイクアウトも歓迎!

中でも、和の食材をライスバンズでサンドした「和さんど」が美味しいと評判です。

こちらは、十五穀米のオリジナルライズバンズとともに発酵系の味覚にまみれた福島県産ブランド「福島牛」を使った贅沢な和さんど。

福島牛のクリームチーズと味噌まみれ 1,000円(税込み)(写真提供:御とめ湯り)
福島牛のクリームチーズと味噌まみれ 1,000円(税込み)(写真提供:御とめ湯り)

食べ応え十分で、身体にも優しい発酵食品とあって、女性にも嬉しい逸品。

さて、メインの温泉をご紹介します!

源泉かけ流しの美肌の湯

御とめ湯りは「源泉かけ流し」で、「アルカリ性単純温泉」という成分で刺激が少なく、敏感肌の方にも安心の優しいお湯の温泉。

内湯(写真提供:御とめ湯り)
内湯(写真提供:御とめ湯り)

また、お肌の角質をとる美肌効果が認められていて、通称「美肌の湯」と呼ばれているそうです。

眺めのいい露天風呂と清潔感のある脱衣室

内風呂と露天風呂が1つずつとサウナもあります。

露天風呂(写真提供:御とめ湯り)
露天風呂(写真提供:御とめ湯り)

新緑の季節、露天風呂に浸かりながら、新緑の青々とした景色と心地よい風が、とても気持ちよかったです。

また、脱衣室が非常に清潔感があって、パウダー台にコテやカールドライヤーまであるという女性にはなんとも嬉しいサービスもありました。

あなた流の「御とめ湯り」を

さらに、ゆったり、のんびりくつろげる「貸切部屋」もあります。

「貸切部屋」(写真提供:御とめ湯り)
「貸切部屋」(写真提供:御とめ湯り)

テレワークにも使えますよね。

気軽にふらりと立ち寄れて、思い思いに過ごせるところが「御とめ湯り」の醍醐味!

ぜひ、源泉かけ流しの温泉と合わせて、あなた流の「御とめ湯り」をお楽しみください。

■御とめ湯り
住所 福島市土湯温泉町字見附32-1
電話番号 024-563-7373
営業時間 10:00〜21:00(最終受付20:30)
定休日 年中無休(メンテナンスによる休館日有)
HP  公式サイト

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想