専門マスター

【犬の病気】夏に多い!命に関わる熱中症

憧れ飼い主プロジェクト/雨貝健世

笑顔のドッグトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画を見て頂いてありがとうございます。

神奈川にある警察犬訓練所でドッグトレーナーをしているアマガイです。

花火、浴衣、かき氷、海、バーベキュー、怖い話など楽しい季節になりましたね。

そんな楽しい時期に注意しなければいけないのが熱中症。

今回紹介する熱中症は命に関わる怖い病気なのです。

熱中症とは

体の熱をうまく逃しきれずに体温が上がり脳や内臓が正常に働かなくなる病気です。

熱中症の原因

高気温、高湿度、風通しが悪いなど体から熱が逃げにくい悪条件

老犬や仔犬など体温調整がうまくできない時期

みずから激しく動いて体温をあげてしまったり、水を飲まないなどの体温を下げる行動を起こさない時などに熱中症になりやすいです。

熱中症の症状

呼吸が荒い
食欲がない
皮膚が赤い
体温が高い
ヨダレが沢山でる
フラフラ歩く
グッタリして元気がない
反応が鈍い

などが挙げられます。

重症化すると

下痢
痙攣
嘔吐
震え
意識喪失
最悪の場合死亡する可能性があります。

《 熱中症になってしまったら 》

第一優先は体を冷やす事です。

涼しい場所に移動
風通しをよくする
水をかける
大動脈(脇、股、首)を冷やす
水を飲ませる→無理やり飲ませると気管支炎などになる可能性があるので犬が自力で飲む分にしましょう。

体を冷やす処置を行いながら動物病院に連絡しましょう。

対策

エアコンなどで温度を下げる
風通しをよくする
水は常に飲める状態にする
クールボードや冷却マットなどの設置
日光を遮る
水分量を増やす
散歩は涼しい時間にいく

【注意】

夕方の散歩
→日が落ちて間もない時間は地面にこもった熱が出ます。
そして身長が人間より低く地面に近い犬は地面の熱を拾い体温が上がり熱中症になるリスクが高いです。
なので散歩は地面に熱がこもってない朝か夜がおすすめです。

体の冷やしすぎ
→犬は人間よりも体温が高い生き物です(平均38〜39度)体温を冷やしすぎると体温が上がりにくくなります

興奮に注意
→気温が高くなくても来客や家族の帰宅、ご飯前等で興奮する子が多いと思います。
興奮すると体温がどんどん上昇するので要注意!
特に留守番時など人が見ていない間の興奮。

このチャンネルは犬のしつけ、病気、飼育管理など幅広く犬の情報発信!

心理学等はネコや他の生き物に共通する事も多いです。

見逃したくない方や動画が良かったと思いましたら『フォロー』よろしくお願いします!

…続きを読む