専門マスター

【飼育管理】犬に栗ってあげてもいいの?

憧れ飼い主プロジェクト/雨貝健世

笑顔のドッグトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画を見ていただきありがとうございます。

ドッグトレーナーをしているアマガイです。

今回紹介するのは栗の与え方についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結論:犬に与えても大丈夫!
※注意点あり

あまり知られていない知識!
→甘栗は犬に与えてもOK(原材料が栗のみの物)

実は甘栗には原材料が栗のみのものが多く、犬に与えても大丈夫!
剥いたり茹でたりしなくていいので手軽に犬に与えられます。

《与え方の注意点》

鬼皮(殻)渋皮は取り除く

→鬼皮〈硬いので気管を傷つける可能性あり!〉
 渋皮〈タンニンなどの栄養素が脂肪を分解する成分の効果を薄くしてしまう可能性あり!〉

加熱する

→生の栗は消化しづらい為与えない方がいい

与えすぎ注意

→食物繊維が豊富な為多量に摂取すると下痢をしてしまう可能性あり!
 マグネシウムが多く含まれる為尿結石に注意!

《与える量》

1日の摂取カロリーの10%

栗100g=164kcal

《含まれる栄養素と期待できる働き》

ビタミン類→ビタミンEは抗酸化作用がある!
炭水化物→疲労回復効果
カリウム→利尿作用・血圧を下げる
パントテン酸→脂肪燃焼、解毒作用
食物繊維→腸内環境を整える

《保存方法》

常温保存の場合
新聞紙に包み直射日光や高温を避けて涼しい場所で保存
保存期間:約1週間

冷蔵保存の場合
①表面の汚れを落とし1日天日干しする
②天日干しを終えたら常温保存方法のように新聞紙に包み保存
保存期間:約3ヶ月

冷凍保存の場合
皮付きのままフリーザーバッグなどに入れて保存
保存期間:約6ヶ月

茹で栗の場合

冷蔵保存の場合
あまりオススメできませんが粗熱をとり密閉容器で保存
保存期間:約3日

冷凍の場合
少し硬めに茹でておく!
表面の水分を拭き取りラップにくるんでからフリーザーバッグに入れて保存!
保存期間:約1ヶ月

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このチャンネルは犬のしつけ、病気、飼育管理など
幅広く犬の情報発信!

見逃したくない方や動画が良かったと思いましたら
『フォロー』よろしくお願いします!

          -憧れ飼い主プロジェクト-

…続きを読む