専門マスター

クリスマスに多い犬の事故。防ぐ為にポインセチア、チキン、飾り物、オーナメントなどの注意点

憧れ飼い主プロジェクト/雨貝健世

笑顔のドッグトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画を見ていただきありがとうございます。

ドッグトレーナーをしているアマガイです。

今回紹介するのはクリスマスに多い事故6つの予防についてです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いよいよ今年も終盤!
12月25日クリスマスですね

楽しいクリスマスを犬の怪我や病気で悪い思い出にならない為に注意しなければならないポイントを大きく6つにまとめました。

飾り物

1.ポインセチアに注意
ポインセチアについての説明は後半で

ポインセチアの葉や茎、樹液にはフォルボールと呼ばれる成分が含まれており犬だけでなく人間にも有害です。
フォルボールを摂取すると以下の中毒症状が起きる可能性があります。
嘔吐、下痢、口の周りの炎症
皮膚に樹液が付着するだけで皮膚炎になる恐れもあります。
ちなみに樹液が人間の皮膚に付着しても皮膚炎になる事があるので注意をしましょう!

2.飾り物の塗料に注意

飾り物の中には市販でも手作りでも塗料により強い匂いのする物があります。
犬は鼻が良い分その臭いがストレスになったり臭いがするので食べてしまう危険性があります。
特に手作りの場合は塗料がしっかりと乾燥、硬化している事を確かめましょう。

3.飾り物の誤飲に注意

飾り物の中には小さい物だけでなく紐状の物や吊してゆらゆら揺れるオーナメントなど多くあります。
小さい物は誤って飲み込む可能性がありますし紐状の物も犬からしたら玩具になってしまい誤飲をしてしまうケースが多くあります。
クリスマスツリーに飾るオーナメントもゆらゆら揺れるので興味がでて遊んだり食べたりする可能性があります。
クリスマスではリボンの誤飲が多いです。
飾り物は犬の届かない位置に置いておくもしくは飾りをしている部屋に犬を入れない。
そしてしっかりと飾りが無くなっていないかの確認も必要になってきます。
物を誤飲した場合は、器官を傷つけたり腸内に詰まる可能性があるので速やかにお近くの動物病院に受診してください。

4.飾り物の配線に注意

クリスマスツリーにLEDを付けて光らせたり家の前に光る置き物を置いたりと電気を使う事が多いと思います。
その機具の配線を犬がかじったりしてしまうと感電する可能性があります。
また、配線に引っ掛かり転倒したり引っ掛かった器具が倒れてきて怪我に繋がる事もあります。
特に器具が倒れてきた事によってパニックになったりトラウマになり機具がなくてもその場を嫌ったりする事も考えられます。
配線はカーペットや敷物で隠したり動物が噛まないようにする専用のパイプを配線に取り付けるなどして対策しましょう!

5.クリスマスの定番フライドチキンに注意

肉を食べた後に残った骨を犬にあげる方がいると思います。
ですが鳥の骨は大変危険な為あげてはいけません!
鳥の骨は割ると縦に裂けて先端が鋭利になる事があります。
その先端が鋭利の物を飲み込むと器官を傷つけてしまうので注意しましょう!

6.チョコレートに注意

チョコレートにはデオブロミンという成分が含まれており下痢、嘔吐、痙攣、不整脈などの症状が出る事があります。
チョコレートは犬にあげてはいけない物として有名ですが、ふとした拍子に落としてしまったり食べかけの箱を置いておいて犬が箱を破壊して食べてしまうようなケースが多いです。
なのでクリスマスやバレンタインデーの時はチョコレートの誤飲に要注意です。
もし食べてしまったら速やかに動物病院に電話をして指示を仰ぎましょう。

いかがだったでしょうか?
ポインセチアが有害というのはあまり知っている人が多くないと思います。
クリスマスの時期は飾り物や置き物が多くなりその分誤飲や怪我のリスクが多くなります。
理想は必ず愛犬を飼い主さんの目の届く範囲で見張っていて、飾り物や置き物に近づけない事が良いです。
もし目が届かないようなら飾り物や置き物に近づけないように仕切りを作ったり見れない時はクレートに入れておくなどの対策をしておくと良いです。

クリスマスが近いのでついつい上記をやってしまっている飼い主さんも居ると思うのでよろしければ周りの飼い主さん達にも情報を共有してあげてください!

ポインセチアとは
メキシコなどの中南米が原産の植物
(画像は動画のポインセチアの説明の右下をご覧ください。)
赤、ピンク、黄色、白、斑入りなど様々なバリエーションが存在する。
ポインセチアは「聖夜」「祝福」「私の心は燃えている」などの花言葉があります。

ポインセチアがクリスマスの花とされるようになった理由は赤、緑、白色があるのでクリスマスカラーであり意味のある色の赤(キリストの流した血の色)緑(永遠の命や愛)白(純潔)を表現するのにピッタリだったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このチャンネルは犬のしつけ、病気、飼育管理など
幅広く犬の情報発信!

見逃したくない方や動画が良かったと思いましたら
『フォロー』よろしくお願いします!

          -憧れ飼い主プロジェクト-

…続きを読む