専門マスター

バレンタイン犬がチョコレート食べた時の対処法

憧れ飼い主プロジェクト/雨貝健世

笑顔のドッグトレーナー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

動画を見ていただいてありがとうございます。

ドッグトレーナのアマガイです。

動画内説明の拾いぐせトレーニング動画はこちら↓↓↓
https://youtu.be/g1A1d80Zl8Y

今回バレンタインデーが近いのでバレンタインに多い事故のチョコレートの誤飲について説明していこうと思います。

まずはじめにチョコレートは犬に与え得てはいけない食べ物です。

誤飲をしてしまうと以下の症状が現れる可能性があります。

・下痢
・嘔吐
・失禁
・ふるえ
・ふらつき
・痙攣
・水をたくさん飲む
・落ち着きがない
・おしっこを頻繁にする
・脈がおかしくなる
など、、、
最悪の場合死に至る可能性も。
チョコレート を口に入れてしまったら取り上げられる分は取り上げて無理に吐き出させずに動物病院に電話のち来院してください。

病院に行く時に確認すべきポイント

・種類
・量
・いつ頃(時間)

チョコレートの中毒成分はデオブロミンです。
デオブロミンの致死量は10kgの犬は500〜1000mg

板チョコ1枚あたり(50g)のでオブロミン含有量は以下の通りです。

ホワイトチョコレート  0〜
ミルクチョコレート   75〜120
ビターチョコ      250〜400
ブラックチョコレート   650mg

誤飲を防ぐ対策

・犬に目がいき届かない時はサークルかケージで我慢させる。
・食べ物を置いておく場所には近づけない
・拾いぐせ防止トレーニング

次回:犬用チョコレート「キャロブパウダー」とは

3部作犬用チョコレート ケーキの作り方。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このチャンネルは犬のしつけ、病気、飼育管理など幅広く犬の情報発信!

+フォローで次回の動画をお楽しみに!

憧れ飼い主プロジェクト

犬のしつけ、心理学、病気、手作りおやつなどYahoo!クリエイターズプログラムとYouTubeにて映像発信しています。
クリエイターズプログラムでは、要点だけをギュッと縮めて短編動画として発信していきます。
フォローやいいね、応援メッセージなど、とても励みになっています。
犬が大好きでたまらない、もっともっと愛犬とのよい思い出を作りたい、動画を見た瞬間からあなたの意識が変えられる動画を作っていますので、更新を楽しみにしていただけると嬉しいです。

心理学やしつけ方などコチラからも見れます!

https://www.youtube.com/channel/UCUDpyW6rOr9GKsjv5JrFckA

フォローは下のリンクから

https://creators.yahoo.co.jp/amagaikensei

-憧れ飼い主プロジェクト-

…続きを読む

専門マスターの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る